2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
円安方向に向かっています
今、一時期の円高傾向を脱して、円安方向に向かっています。

日本経済が立ち直るには、円安方向が必須とも言えるでしょうから、良い情報であると見るべきでしょう。

日本経済の立ち直りが、輸出頼みであることは確かであり、今の政治家や官僚の考え方が、従来と何ら変化が無いことは、明らかだといえます。

それゆえ、円安方向に向かい、110円前後まで戻ることを企業経営者や官僚などは、願っていると思います。

日本経済の立ち直りは、円安と政治の安定が鍵を握ると見るのがポイントだと思います。

日本の政治家達に、アメリカのオバマ大統領のような強い政策方針を打ち出せるような指導力がある人は、見受けられないので、ポイントは政治動向であると見ます。

では、アメリカの株式動向は下方方向で、いつ底になるのか?

オバマ大統領が就任して、新しい方向性を打ち出してはいるものの、それまでのアメリカの経済の膿を出し切ってしまうまで、アメリカの不安定な経済動向は続くのではないでしょうか?

オバマ大統領の強い指導力が浸透するまでには、時間が少々かかるのが、今のアメリカの経済状況であると思います。

アメリカ経済の立ち直りが、日本の経済の立ち直りにも繋がることは間違いないですが、日本が主導していくというには、残念ながら日本の政治家にはそのような指導力を持った人がいないというのが、実情であると思います。
スポンサーサイト
2009.03.04 (Wed) 23:07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。