2008.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
日銀の利下げについて
今日、テレビドラマを見ていましたら、日銀利下げのテロップが入りました。

先日のアメリカが利下げを行い、日本とアメリカの金利が逆転しましたので、日本側がどう出るかが注目されていましたが、やはり、日本も利下げして、再度逆転させました。

しかし、その差は僅かなものなので、円ドルのレートは円安に動きはしましたが、思うほどではなく、その後、88円代に戻りつつある。

連日、新聞の見出しは、景気の減退に関するものばかりで、希望に感じるものが無い。

日経平均の動きを見る限り、8000円を割り込む気配はそれ程無いものの、かといって上昇する気配もないようである。

私は10年近く前に、ナスダックのデイトレの勉強をし経験したが、その際の講師の方が、ナスダックのチャートを見ながら良く口にしていたのが、動きに力強さとか弱さと言ったものを感じ取りながら、デイトレをしているとおっしゃっていた。

チャートの向こうには取引相手がいるのだから、チャートの気持ちになって取引することも面白いのだと、、、

今、私はシステムトレードに挑戦中であるが、その当時の講師の語っていた言葉が、頭をよぎるのである。

私が参考にしているシステムトレードのツールは、佐藤式インパクトトレードである。

現在、3300円程の利益となっている。
スポンサーサイト
2008.12.19 (Fri) 17:09
佐藤式インパクトトレード(SIT)のツールを利用したFX
FXの投資を始める人で、デモトレードで練習をしないで、いきなり現金をそのまま投資する人はいないと思います。

私は、まず佐藤式インパクトトレード(SIT)のツールをデモトレードに利用して、その効果を確かめてから現金を使っての投資を始めるつもりである。

佐藤式インパクトトレードのツールの設定は、比較的簡単なものなので、説明の方もわかりやすい感じた。

しかし、説明書にもうたっていたメタトレーダー4の使い方が、もう一つわかりにくいところもある。

その辺についても多少説明してくれると、ありがたいとも感じた。


佐藤式インパクトトレードのツールの売買サインであるが、12月4日の20:15で、USDJPYの買いのサインがでた。

FXでもっともポピュラーなUSDJPYは、馴染みが深いこともあり、私は、この円ドルのレートを追っかけるようにしているのだ。

佐藤式インパクトトレードのツールのサインにしたがって、92.50で買いに入った。

その後動きは、上昇に入り、93.00で売り、50PIPSの利益となった。

佐藤式インパクトトレードの場合、このレートと言う具体的なサインではないので、サインが出てからどのレートにするかは、自分自身の裁量が必要になる。

この辺は、集中して売り買いしないといけない点だと思う。

試運転としては、まずまずではないだろうか?
2008.12.04 (Thu) 22:33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。