2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
佐藤式インパクトトレード(SIT)のツールを利用したFX
FXの投資を始める人で、デモトレードで練習をしないで、いきなり現金をそのまま投資する人はいないと思います。

私は、まず佐藤式インパクトトレード(SIT)のツールをデモトレードに利用して、その効果を確かめてから現金を使っての投資を始めるつもりである。

佐藤式インパクトトレードのツールの設定は、比較的簡単なものなので、説明の方もわかりやすい感じた。

しかし、説明書にもうたっていたメタトレーダー4の使い方が、もう一つわかりにくいところもある。

その辺についても多少説明してくれると、ありがたいとも感じた。


佐藤式インパクトトレードのツールの売買サインであるが、12月4日の20:15で、USDJPYの買いのサインがでた。

FXでもっともポピュラーなUSDJPYは、馴染みが深いこともあり、私は、この円ドルのレートを追っかけるようにしているのだ。

佐藤式インパクトトレードのツールのサインにしたがって、92.50で買いに入った。

その後動きは、上昇に入り、93.00で売り、50PIPSの利益となった。

佐藤式インパクトトレードの場合、このレートと言う具体的なサインではないので、サインが出てからどのレートにするかは、自分自身の裁量が必要になる。

この辺は、集中して売り買いしないといけない点だと思う。

試運転としては、まずまずではないだろうか?
2008.12.04 (Thu) 22:33
佐藤式インパクトトレード(SIT)のツールを買いました。
私のメールボックスには、毎日のようにFX情報商材が2,3件必ず入っている。

登録した覚えもない人や、インフォカート、インフォトップなどの情報商材系のメルマガにも、FXの文字が躍らない日はないです。

投資にはとても関心が高いので、届いたメールの中を読んだりもするのですが、なんとなくギャンブルぽいような感じもしたり、どことなく胡散臭さを感じたり、この情報商材はちょっと高い、などと、買ってみたい気はしていたのですが、踏ん切りがつきませんでした。

中でも気になっていた佐藤式インパクトトレードが、何と値上げをするとのこと、この際思いきって佐藤式インパクトトレードのツールを買うことにしました。

22,800円は、このての商材ツールとしては十分に安い。

かつ、クレジットカードで分割で購入できるとあったので、これなら毎月書籍を買ったつもりで、購入するのも悪くないなと思い、購入した。

あとは、トレード資金を準備して、FXトレードの練習をして、稼ぐのだと決意している。

このブログで、佐藤式インパクトトレードを利用してのトレード結果を載せていくつもりなので、よければ参考にしてください。
2008.11.30 (Sun) 18:33
FXのシステムトレードでオススメの情報商材は
巷のニュースでは、日経平均が下げまくり、ウォール街の大恐慌以来だと言うが、実際、投資に携わっている個人投資家の方はどうなのでしょうか?

インフォトップなどの情報商材を見ていると、投資系のものがかなりにぎわっている。

これらの情報商材は、あの手この手で宣伝し、何とか購入してもらいたいとまくし立てているのだが、実際のところ本当に誰もがうまく儲ける事ができるのだろうか?

素朴な疑問です?

株投資などで儲けようと考えている人において、投資系の情報商材の値段はさしたる金額ではないのかもしれない。

でもどことなく胡散臭いものを感じる、、、

ツールなどの情報商材(この場合は情報商材ではないかも、、、)であれば、一度モニターなどになってみて、実際にうたい文句どおりかどうか確認してみてから、購入したいものである。


私が、今、気になっているFXの情報商材は、佐藤式インパクトトレード(SIT)である。
この商材は、11月一杯で値上がりするそうだ、、、、どうしよう

ネットで佐藤式インパクトトレード(SIT)の作者:佐藤力さんについて、調べてみた。

「情報商材@味見ブログ ~実際に買ってみました~」において、佐藤式インパクトトレード(SIT)の一つ前のバージョンの情報商材であるFXで貧乏脱出する完全成功指南書について、実際にトレードしたモニターが載っていたが、記事を見る限り作者:佐藤力さんは十分に信頼出来るように感じた。

商材もいい加減なものではないと感じた。
2008.07.14 (Mon) 22:53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。